車の高額買取のい・ろ・は

車の買取店があまり海外に売り過ぎない理由

中古車の買取業界には海外業者が大きく関係している事があります。
お店によっては、海外に対する売却ルートを保有している事がありますね。日本ではなかなか売れない車でも、海外であれば高く買い取ってくれるケースもしばしば有るのです。ですので最近の中古車のお店は、海外業者の存在を大きくアピールしている事も多いのですが。

 

海外に車を売ると日本の車業界に変化が

 

このため買取店は、海外に対して積極展開しているのは事実です。しかし実は、それをある程度セーブしているのも事実だそうです。

 

確かに海外に対して車を売却すれば、車買取店に対する利益が発生するでしょう。
現にそれで大きな利益を生み出しているお店も、多々見られます。
特に事故車買取のお店にとっては、海外はとても大事な存在です。

しかし海外のルートばかり強化されてしまいますと、今度は日本の業界が大きく変化してしまうのです。海外にばかり車が売られる事になるので、日本の車業界の状況が狂ってしまう可能性があります。
それが悪影響を及ぼして、今度は車の一台あたりの販売単価がアップしてしまう可能性があります。
車が高くなってしまえば、もちろん日本ではますます車が売れなくなってしまうでしょう。

 

あまり海外の売却ルートを強化し過ぎない買取店

 

つまり海外に売ってしまうと、ちょっと日本の車の販売金額に悪影響を及ぼす可能性がある訳です。このため買取店としては、あまり海外に進出し過ぎないよう配慮している一面があるそうです。

 

あるお店で、1万台の車を海外に売却する事も可能だとします。しかし車の販売額の高騰を防止するために「あえて1000台に抑えておく」訳ですね。

 

つまり車の買取業者としては、自動車業界全体を考えて、ある程度車の売却件数を抑えている訳です。買取業者も、色々と事情が複雑なのですね。

2015/01/22 17:38:22 |

金融業界と車買取の業界には、実は色々共通点があります。一見すると全く関係ないその2つの業界ですが、ルールやシステムには類似点がとても多いと思うのです。
例えば、入力フォームですね。車の買取を行うとなると、もちろんお店に対して査定の依頼が必要になります。その第1段階としては、各業者の公式サイトにある依頼用のフォームへの入力が必要ですね。金融業界にもそれと似たものがあって、業者への申し込みをする際に情報を入力が必要になる事が多々あります。まずこの入力フォームが、その2つの業界の共通点の1つですね。

 

金融業界の入力フォームは正確さ重視

 

ところで金融の業界のフォームは、とにかく事実を入力するのが大事です。間違った内容を入力するべきではありません。入力内容に誤りがあると、それで申し込みをお断りされてしまう事があるのです。
例えばローンの商品ですね。ローンの申し込みをする際にフォームに入力をする事も多々ありますが、全て正しい内容になっている事が前提です。虚偽の内容は、審査落ちの原因になります。
フィットの下取り

 

車買取のフォームへの入力と正確さ

 

そして車買取の業界も、やはり正確さ重視ですね。ただし買取業界の場合は、別に申し込みをお断りされる訳ではありません。金融業界ほど厳しくはありませんが、お金には関わってきますね。
車の買取業者は、しばしば概算というシステムを採用しています。顧客がフォームに入力した内容に応じて、買い取り目安額を提示している訳ですね。その入力内容が間違っていると、目安額が大きく異なってしまう可能性があります。本来の買い取り額が60万円なのに、概算で伝えられる金額が40万円台などの具合です。あまり大きなズレが生じてしまうと、金額の目安が分からなくなってしまいます。
この「フォームには正確に入力する必要がある」のは、金融と車業界の類似点の1つだと考えます。

2015/01/22 16:25:22 |

ぼっちゃんという業者にトラックなどを買い取ってもらう流れは、全部で5段階になります。この業者の場合は、引き取り日の前に査定金額が伝えられる事になります。

 

車情報の伝達と査定金額の提示

 

まず第1段階ですが、ぼっちゃんに対する車の情報送信です。この業者の査定の依頼方法は全部で3つあって、電話とインターネットとFAXになります。インターネットとファックスで情報を送信すると、第2段階に進みます。その段階では、ぼっちゃんから車の査定額が伝えられます。いわゆる正式決定の金額になりますね。ちなみにネットとFAXでなく電話で査定を依頼した時には、第1段階で査定額が伝えられる事になります。
なお業者に伝える情報は、正確さが求められます。場合によっては、トラックの画像データをぼっちゃんに送信する必要もあります。
エスティマ 買取

 

引き取り日の手続きと書類の代行

 

そして第3段階は、車の引き取りですね。第2段階で打ち合わせをした日に車が引き取られる訳ですが、この業者の場合は日本全国どこにでも出張してくれます。たとえを沖縄でも出張してくれるようですね。
第4段階は、車の買取額の支払いです。ちなみに現金で、引き取り日当日に支払ってくれます。非常にスピーディーに支払われるのが、この業者の特徴ですね。
そして最後の第5段階ですが、書類手続きの代行です。車買取では、名義変更が確実に行われているかどうかは大切ですね。そのためにどのような書類が必要かも、引き取り日に担当者から伝えられます。そして名義変更の手続きが行われますが、引き取り日から数えて1ヶ月以内には変更が完了するそうです。その証拠を示すコピーなども郵送されますので、安心かと思います。
以上の5段階の流れになりますが、この業者の場合は料金が支払われてから書類を求められるのが特徴的ですね。他の業者の場合は書類が揃い次第の支払いになるので、その点はぼっちゃんの特徴の1つと言えるでしょう。